hickstock
ドラマのような出会い実話

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓安心のゴルフダイジェストオンライン↓


↓中古でお安く手に入れる!↓


↓US仕様なら激安で手に入る!↓


↓あなたの予算に下取り価格をプラス!簡単見積もり、即効買取!↓



にほんブログ村 ゴルフブログへ

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

スリクソン,新Zシリーズ登場!

2012.08.01 Wed
7/18,ダンロップの新作発表会でZシリーズの後継モデルが発表.


続々と契約プロも切り替えている模様.
藤本佳則は,725アイアン
諸藤将次は,925シリーズ.セッティング
額賀辰徳は,725ドライバーに,925アイアン.セッティング

早速,結果も出してます.
「スリクソンZ725」ドライバーを使用の額賀辰徳選手がドライビングディスタンスNo.1

今回のアップデートのミソは,
1.重ヘッド+手元重心の短シャフトのデュアルスピードテクノロジー.
2.スリーブ・ウェイトの調節機能.
3.好みに合わせた3ラインナップ.


1はXXIO7で実証済み.私はドライバーでHS2上がりました.
2はナイキ・テーラー・タイトリスト・ブリジストンに追従.フィットこそが一番.
3は小さめのヘッドや,キャビティの軟鉄など幅広い層に嬉しい.

ドライバーは3モデル,①「Z925」,②「Z725」,③「Z525」.
Z925:380ccでディープフェース.P420相当か.
Z725:425cc.
Z525:460cc.
全て可変機構,弾道調節機能「クイックチューニングシステム(QTS)」付き.
スリーブを回してヘッドに挿す「QTSスリーブフィッティングシステム」.
フェース角、ライ角、ロフト角を12通りに変えられる.
ヒール,トゥのウェイトを変える「ウエイトフィッティングシステム」.
3g×1、7g×2、11g×1が付属。オプションウエイトも販売予定.
テーラーと同じレベルの調節機能.ソールのプレートはないですが.
SRIXON 新Zシリーズドライバー,GDOで早くも先行予約受付中.

前のモデルより値段下がった!Miyazakiシャフトで¥5万円台は安い.

フェアウェイウッドは2モデル,①「Z725」と②「Z525」.
Z725 FW:小ぶり.
Z525 FW:セミラージ.
こちらもスリーブの調節機能付き.
こちらのウェイトは,2g×1,5g×2,8g×1が付属.
SRIXON 新Zシリーズフェアウェイウッド,GDOで早くも先行予約受付中.


ともにシャフトはMiyazakiのKENAシリーズ搭載.
XXIO 7で好評だったカウンターバランスになりやすい,重心が手元のシャフト.
4種類のラインナップは,今までと同じバリエーション,black,indigo,blue,silver.
525シリーズは「SV-3026J」という廉価版シャフトのラインナップも.
もしかして,525は旧GIEシリーズのターゲットも兼ねている?

もともとZシリーズには海外展開モデルでシャフト周りの可変機構を取り入れており,やっと国内にも導入したモデル.
ウェイトは,以前のZシリーズのヒップ+ヒールではなく,トゥ+ヒールに.
これは,Z-TXツアーやP420と同じ.

アイアンは①「Z925」,②「Z725」,③「Z525」の3モデル.
Z925:軟鉄鍛造のマッスルバック.
Z725:軟鉄鍛造のハーフキャビティ.
Z525:軟鉄鍛造複合のポケットキャビティ.

素材はS20C.最上級に柔らかい.
Z925はトップブレードも薄くてかなり難しそうだ.
前モデル3~6番のトゥ側にタングステンが入っている.
フェースにレーザーミリング,クリーブランドのウェッジではお馴染みの技術.
なんとアイアンもデュアルスピードテクノロジー,手元重心の特注シャフトの模様.KBS挿せばいんじゃないのか!?
DG,NS,カーボン全てが手元重心のラインナップ.
SRIXON 新Zシリーズアイアンセット,GDOで早くも先行予約受付中.


で,SRIXON Z-TXシリーズ,セール・マークダウン開始.

¥3万円台でSRIXONのドライバーだなんて夢がある.

関連リンク:ダンロップ公式サイトでのフィッティングガイド

関連記事:日刊スポーツ ゴルフ体験主義 『ブリヂストンスポーツ&ダンロップスポーツ新製品発表会
スポンサーサイト


↓安心のゴルフダイジェストオンライン↓


↓中古でお安く手に入れる!↓


↓US仕様なら激安で手に入る!↓


↓あなたの予算に下取り価格をプラス!簡単見積もり、即効買取!↓



にほんブログ村 ゴルフブログへ

Theme:ゴルフ | Genre:スポーツ |
Category:ダンロップ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

XXIO7 ドライバー、私は大好きです。

2012.02.14 Tue




打ってきました、XXIO7のドライバー!
結果から言うとSo Good!

・かまえやすくなった!
・振りぬきがいい!
・つかまる!
・前作より飛ぶ!


嘘くさいっしょ!ガチです!

発売元は、SRIスポーツ(ダンロップ)。
国内で圧倒的な人気とシェアを誇るゼクシオの7代目、2012年モデルです。

スペックは、
クラブ長さ、45.5インチ(前作より0.5インチ短い)
総重量、288g(S)、285g(SR)、282g(R)(ほぼ前作と一緒)
ライ角:58度(前作と一緒)
バランス:D2(S)、D2(SR)、D1(R)(ほぼ前作と一緒)
シャフトトルク:5.6(S)5.7(SR)5.8(R)(約1トルク増)
(今回は6代目のMP600"M"のように重めのシャフトのラインナップはないようです)
メーカーリンク:http://www.xxio.jp/xxio7/index.html

前作の弱点を言うと、460cc+長尺特有の右へのプッシュアウトが出る人がいた。
慣性モーメントブーム?で投影面積がおおげさすぎた。
46インチは慣れるまでが大変、他のクラブとの繋がりが悪くなっていた。
スイング自体を変えなければいけなかった。
一言で言ってしまうと理論上の飛びを追及しすぎていて、決して誰でも飛ばせるクラブにはなっていなかったように思う。
で、これが改良、改善されたか?改善されてます
てか、開発者インタビューの通り、新しい魅力がプラスされてます。

メーカーの謳い文句は、
短くても飛ぶ
①ヘッドに重量配置して運動エネルギー増→ボールスピードUP
②新設計のシャフトでヘッドスピードUP
③スイートエリアUP。
④音が良くなった。

まあ、言いたいだけ言いますわ。宣伝文句ですから。

・・・、
ヘッドの重量を増やして、シャフトの重量を軽く手元寄りにする・・・。
ヘッドをきかせたまま、スイングバランスを重くしないようにする。
どこかで聞いたような・・・。
ヘッド重量UP・・・、G20・・・。
カウンターバランス?スピードアモルファ・・・

まあ、いいや。
重要なのはより振りぬきやすく、より安定するという事!
そして、何よりそれを実感できるという事!
ある程度、重いヘッドの方が飛ぶのは常識だし。
そもそも少しゴルフを知ってる人なら、手元に鉛で、バランス落として振りぬきやすく、手元を重くしてスイング安定なんてよく知られた細工。
今は、カウンターバランスのKBSから、こんなんまで

①ヘッド←ぱっと見から変わってます。
前作より、トゥ側の膨らみがなくなり、よりきれいな丸型シェイプになりました。
容量は460ccのままなのですが、すっきりして見えます。
別にディープではないですが、シャローすぎる感じがないです。
構えた感じ良いです。
フェースも限りなくスクエアに近い感じがします。
オープンフェースに慣れている人には若干かぶってるようには見えると思います。
前作のデカくて、フックフェースという印象はないです。
よりノーマルに近い、きれいな顔してます。
この変化はけっこうデカいと思います。

②シャフト←かなり変わりました。
手元のしなりが増えた
そして、トルクが増えた
さらにシャフト単体で重心を手元に4cmずらしたようです。
ただ軟らかくなったというよりは、よりしなりを感じやすく、よりしなり戻るようになった感覚があります。
感覚として、振りやすく、(ヘッドが過敏に反応しないので)易しく、つかまる感じがしました。
感動したので2度言います。
つかまります、しなりを感じられます、振りぬきがいいです。
シャフトは、軟化傾向、易化傾向。
かなりタイミングがとり易いです。
リズムが崩れていても、そのまま打てる感じです。
ここで大事なのは本当はブルンブルンのシャフトのはずなのですが、自然と頼りなさは感じない事。
やはり、振りぬきが良いので、鋭くボールを叩ける感じがします。
そして、トルクがデカくて、フレックスも軟らかめだとボールをこすりがちになるのですが、それもないです。
打ち出しは高めです。
リアルロフトと低重心+シャフトのお助けの影響でしょうか。
スピンは超ロースピンではないですが、この重量帯の中ではロースピンではないでしょうか。
けっこう叩いても吹き上がらず、前にいきます。不思議な感じです。
ビックキャリーで足もそこそこ出ます。

③スイートエリア増
これは正直、実感できないですわ。
だって、6代目でも先っちょで打とうが、ヒールヒットしようがふらふら飛んでいきますから。
これは、DUNLOPとXXIOの蓄積のなせるわざです。
一言で言えば、最大級に広いです。

④音
僕は大好きです。
独特の金属系、シャコッ!
前作の方が少しバカッ!っとしてた気もします。
先入観かもしれないですが。
飛んでる感じがして、気持ちよく何球でも打ちたくなります。

で、実際、打って計測してみて・・・、本当に飛ぶのか?
飛びます(少なくとも私の場合は)。

付け加えるなら、”1球目から安定して”飛びます。
ただし、6代目を何十球も連続で打ってれば1発の飛びは分からないですが。
だって、6代目の方が長いんですから。
ただ言いたいのは、それでも0.5インチ長いんです。
そりゃ、飛びますよ。

一番の驚きはヘッドスピードUPが嘘じゃないことです。
僕は他のクラブと比べて2m/sあがりました。2m/sはデカいです。
46インチを振りぬければ、2m/sくらい上がりますが、なんせ振りぬくのが大変ですから。
振りぬけても、それを10球続けて芯食うのは難しいです。
あと長いと球を捕まえるのも大変ですし。
普通に振って、速く振れる。これはデカいです。

あと、軽いクラブ特有のパタパタした感じがしない
軽いけど適度にヘッドがきいていて、手元がふわふわもしないので、自然に力まず振れます。
全体のバランスがいい、完成度が高いです。

さすがにディープで重いクラブと比較すれば球は軽いかもしれないですが、
けっこう強い球が打てます。
なんていうか、初速が速い球が打てます。
初速を出すには球をつかまえるしかないのですが、前述のシャフトの助けもあって自然につかまります。
スライサーに一番きく薬は普通フェース自体を左に向けるのが一番なんですが、極端なフックフェースのクラブは本人のスイングのタメによくないと僕は思います。
そうそう言い忘れてた、ヘッドの返りが自然です。
重心距離とか重心角度の設計なんですかね、奥に長くて帰りづらい460ccとは違う印象です。
自然と拾って、自然と前に運べます。



他サイトでのレビュー

マーク金井の試打インプレッション(言わずもがな)
げっ、リアルロフト11.25°もあったのか。答え合わせの気分。シャフトはやはりかなりの異端児。

ゴルフクラブ試打日記(フィーリングを大事にされてる方です)
割り切った上で好意的な感想のようです。ただ、ゼクシオフォージドの方が上との事。まぁ、そりゃあ・・・。




¥58800(定価¥84000)

↓安心のゴルフダイジェストオンライン↓


↓中古でお安く手に入れる!↓


↓US仕様なら激安で手に入る!↓


↓あなたの予算に下取り価格をプラス!簡単見積もり、即効買取!↓



にほんブログ村 ゴルフブログへ

Theme:ゴルフ | Genre:スポーツ |
Category:ダンロップ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。