hickstock
FC2ブログ
ドラマのような出会い実話

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓安心のゴルフダイジェストオンライン↓


↓中古でお安く手に入れる!↓


↓US仕様なら激安で手に入る!↓


↓あなたの予算に下取り価格をプラス!簡単見積もり、即効買取!↓



にほんブログ村 ゴルフブログへ

Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

RAZR FIT ドライバー試打レビュー

2012.02.18 Sat
RAZRFIT.jpg

前評判高し!
キャロウェイゴルフ、2012年ホットリストで好評価(GDO)

幸先良し!
「RAZR FIT ドライバー」欧州ツアー優勝!
笑って、食べて、そして飛ばす!アルバロ・キロスは新時代のスーパースター(GDO)
欧州ツアーでドライビングディスタンス1位だったとは。
平均飛距離は312.7ヤード!

ミケルソンもちゃんと使ってる!しかも優勝!
P.ミケルソンが逆転、通算40勝目を手に!(GDO,動画付き)

今回の目玉はなんといっても調整機能。
シャフト着脱式でフェースの向きを3通りに。※1
ウェイトをトゥとヒールで交換できる。※2
ちゃんと横文字でオプティフィット・テクノロジーって名前がある。

ヘッド体積は450cc。
真ん中取ってきやがった。
FTシリーズ、レイザーホークシリーズに引き続き、フォージドコンポジット構造。
バラすとこんな感じ↓らしい。
optifit-technolgy_20120218232045.jpg
もし誰かにロースピンのヘッドはどれか?と聞かれたら、私は迷わずキャロウェイのカーボンクラウン系と答える。
キャロウェイの一部モデルがこのタイプのヘッド構造を発売して、かなりの年数が経つが、こんなにヘッドの持つ性能としてロースピンが顕著なモデルも珍しい。
それだけ、キャロウェイのロースピンは際立っている。
あとはキャロウェイのヘッドの作りの特長で言うと、重心距離・重心角の設定がうまい。
ヘッドが大型化して以降も常に自然なヘッドの返りを実現している。
FT-iQなども異型ヘッドだけど、ヘッドを返し易いものだった。
大きくて曲がらないけど、そのまま右にすっぽぬけるミスが出ていたサスクワッチ系とは対照的だった。

ぱっと見、シャロー。
ただ前とか横から見るとけっこう丸いイメージ。
RAZRFIT_face.jpg

上から見るとフェース面が切り立ってる感じ。
ただ、おそらくリアルロフトはそれなりにある。
この打ち出し角の高さとその後の伸びは、ただ単にヘッド構造のなせるわざではないと思う。
実際、今までのFTやレイザーホークもロースピン化したヘッドの影響で球がドロップしないようにそれなりのロフトをつけていた。
レベルにシンプルに振っていけば、自然に高い打ち出しで、スピンによってせり上がる事もなく、叩いたら叩いたぶんだけ放物線が大きくなり前に進んでいく。
いわゆるラフから打ってフライヤーした棒球のようなイメージ。
フェース際のエッジがはっきりしてる。
RAZRFIT_clown.jpg
手に取った時はFT TOUR思い出したんだけど、こうやって画像をみてるとやっぱりRAZRHAWK TOURのクラウンの段差取っ払った感じかなあ。
そして今までと同じくおにぎりの中心に向けてシャフトを挿したような、フェースの奥にシャフトの付け根があるタイプ。
この形状、なんとなくスライサーの私は安心する。
別にドライバーにフェースプログレッションがあると球をつかまえ易いという話は聞かないが、アドレスの時に安心して体の内側にボールを置いて打てる。
フェースがかぶって見えるわけでもないので、これはデザインの妙だ。



シャフトのラインナップは
オリジナルシャフト「RAZR FIT シリーズ」
グラファイトデザイン「ツアーAD I-65C」※3
グラファイトデザイン「ツアーAD BB-6」
三菱レイヨン「FUBUKI Kシリーズ」

グリップは例の軽くて細いやつ。
なんかこれシャフトが軟らかく感じるんだよねえ。
公式アナウンスだとオリジナルシャフトについてるのが、約45g。
カスタムシャフトについてるのは、約50g。
へえ、カスタムシャフトのグリップ重いんだ。気が付かなかった・・・。
カスタム、ツアーベルベットにしてバランス落とせないか。

個人的に少し残念だったのは、ライ角が57°と今までのキャロウェイ上級者モデルの流れのままだったこと。
ヘッドのデザインで?構えた感じはそんなにフラットに感じなかったけど。
他のクラブとの流れを考えればこのぐらいが本当なんだろうけど。
慣れちゃえば勝ちかなあ。
そういえば、今まで比較的フラットでクローズなドライバーってなかったなあ。
クローズポジションでも振ってみればよかった。

※1
キャロウェイはI-MIXがあったので、シャフト着脱式、ヘッド交換式?には驚きはない。
I-MIXになる前のやつもオプティフィットって呼んでたような・・・。
フェースの向きを変える機能はシャフトを回さなくても良いタイプ。
タイトリスト910のローマ字の部分だけ変えるイメージでいいと思う。
オープン・スクエア・クローズと2度ずつ変えられる。

※2
ウェイトでヘッドの返り、ボールのつかまりを調整できる。
ウェイトは標準でトゥに2gヒールに6g付いている。
2g、6g、10gのウェイトがレンチに収納された状態で付属する。
カタログスペックにヘッドの重さを4g~8足せる。
ウェイトが約4gが増減すると、バランスは約2~3ポイント増減する。
ちなみにUS仕様では12gと2gらしい。
テーラーメイドのR9やR11は、ウェイト別売りで¥1800ぐらいしたからこれは嬉しい。
¥1800くらいどうでもいいけど、¥1800出した後、結果がどうなるかが分からないのが嫌だった。
その場で自分で試せるのが大きい。

※3
ふむふむ・・・、ってTour AD I-65!?
あ、Tour AD I-65""!?
あぁ、レガシーブラックにもささってたやつか。
まさか、カラーリング揃えるためだけに倉庫から引っ張り出してきたのかと思った。

つかまり過ぎを抑えたいゴルファー向け。プロ・上級者から支持された「ツアーADI-65」を、いま主流の400cc
上の大型ヘッドとマッチさせるためにリニューアル。パワーヒッターが思い切り振り切れるシャフトです。
※中元調子のシャフトなのでカット軌道のスイングの方には、引っかけが出る事もあります。
推奨ヘッドスピード:43m/s以上、弾道傾向(左右):ストレート~フェード、弾道傾向(高低):中弾道、テンポ:ミッド~クイック
だそうです。
さすがに今時トルク2.2はないもんなあ。
オリジナルみたいにビンビン通り越してピンピンし過ぎてる感じはしないです。
ただ硬いのにシルクのようなスムーズ感は勿論残ってます。
調子、中元です。
ただ、メーカーが謳うほどハードヒッター向けでもなく、けっこうつかまえられます。
つかまるが逃がせるぐらいかな。

↓安心のゴルフダイジェストオンライン↓


↓中古でお安く手に入れる!↓


↓US仕様なら激安で手に入る!↓


↓あなたの予算に下取り価格をプラス!簡単見積もり、即効買取!↓



にほんブログ村 ゴルフブログへ

Theme:ゴルフ | Genre:スポーツ |
Category:CALLAWAY | Comment(0) | Trackback(1) | top↑ |
<<R11シリーズ試打比較 | HOME | 今週のゴルフニュースまとめ 2月3週>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://simich.blog21.fc2.com/tb.php/22-2bc0da05

まとめtyaiました【RAZR FIT ドライバー試打レビュー】

前評判高し!キャロウェイゴルフ、2012年ホットリストで好評価(GDO)幸先良し!「RAZR FIT ドライバー」欧州ツアー優勝!笑って、食べて、そして飛ばす!アルバロ・キ
まとめwoネタ速neo 2012.05.13 16:05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。